○村上市自転車等駐車場条例

平成20年4月1日

条例第177号

(設置)

第1条 本市は、自転車等を利用する市民等の利便に供するとともに、自転車等の放置を防止し、市民の良好な生活環境の確保を図るため、自転車等駐車場(以下「駐車場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 駐車場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

村上駅前自転車等駐車場

村上市田端町3608番地2

坂町駅前自転車等駐車場

村上市坂町2389番地4

岩船町駅前自転車等駐車場

村上市小口川1番地3

平林駅東口広場

村上市宿田222番地

府屋駅前自転車等駐車場

村上市府屋6番地40

勝木駅前自転車等駐車場

村上市勝木1331番地2

寒川駅前自転車等駐車場

村上市寒川47番地3

(利用できる車両)

第3条 駐車場を利用することができる車両は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第10号に規定する原動機付自転車及び同項第11号の2に規定する自転車とする。ただし、平林駅東口広場については、送迎に必要な時間に限り、道路交通法第3条に規定するもののうち普通自動車のみ利用ができるものとする。

(使用料)

第4条 駐車場の使用料は、無料とする。

(行為の禁止)

第5条 駐車場を利用する者(以下「利用者」という。)は、駐車場において次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他の自転車等の駐車を妨げる行為

(2) 自転車等以外の物品を留置する行為

(3) 駐車場の施設又は他の自転車等を損傷し、又は汚損する行為

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理上特に支障があると認められる行為

(利用の休止等)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、駐車場の全部又は一部の利用を休止し、又は制限することができる。

(1) 駐車場の収容能力を超えたとき。

(2) 利用者が前条に規定する行為を行ったとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が管理上必要と認めたとき。

(損害賠償)

第7条 利用者は、駐車場の施設を損傷し、又は滅失したときは、市長の定める額を賠償しなければならない。

2 市長は、駐車中の自転車等又は積載物について天災、地変その他市長の責めに帰することができない理由によって生じた損害に対しては、賠償の責めを負わない。利用者の故意又は過失等によって第三者に損害を与えたときも、同様とする。

(違反自転車等に対する措置)

第8条 市長は、規則で定める期間を経過して駐車してある自転車等(以下「違反自転車等」という。)に、移動を命ずるための警告書を取り付けることができる。

2 市長は、前項に規定する措置を講じたにもかかわらず、相当の期間を経過しても違反自転車等がなお駐車場に駐車されているときは、当該違反自転車等を撤去し保管することができる。

(保管した違反自転車等に係る措置)

第9条 市長は、前条第2項の規定により、違反自転車等を撤去し、保管したときは、規則で定めるところにより、その旨を告示するとともに、当該違反自転車等の所有者又は利用者(以下「所有者等」という。)に返還するため必要な措置を講じなければならない。

2 市長は、前項の規定による告示の日から起算して3箇月を経過してもなお違反自転車等を所有者等に返還することができないときは、当該違反自転車等を処分することができる。

(費用の徴収)

第10条 市長は、第8条第2項の規定により保管した違反自転車等を返還するときは、撤去及び保管に要した費用として、別表に定める返還手数料を利用者等から徴収することができる。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の村上市自転車等駐車場条例(平成16年村上市条例第4号)、荒川町自転車等駐車場条例(平成10年荒川町条例第23号)又は神林村平林駅東口広場設置条例(平成13年神林村条例第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成21年3月27日条例第12号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月21日条例第66号)

この条例は、平成28年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月22日条例第23号)

この条例は、平成28年5月2日から施行する。

別表(第10条関係)

返還手数料

種別

金額

自転車

500円

原動機付自転車

1,000円

村上市自転車等駐車場条例

平成20年4月1日 条例第177号

(平成28年5月2日施行)